HOME > ショー &コンテスト

ショー &コンテスト

mbf Fashion show & Contest 2018 開催!!

本校の秋のイベント「mbfファッション ショー&コンテスト 2018」を開催しました。このショーはコンテスト形式で行われ、ご来場のお客様にお気に入りの作品(衣装)を番号で投票していただきます。作品は、学生一人ひとりがテーマを決め、デザインを考え、2カ月程かけて制作しました。作者本人がモデルとなってランウェイを歩き、秋や和、暗闇など、様々なイメージで制作された衣装が登場しました。


今年もたくさんの方にご投票いただき、以下の4名が上位に選ばれました。


また、同時開催の卒業生のフリーマーケットでは、手作りのアクセサリーや古着が販売され、こちらも多くのお客様がお越し下さいました。


ご来場いただいた皆さま、誠にありがとうございました!


【コンテスト上位者】

mbf Fashion show & Contest 2018 開催1

mbf Fashion show & Contest 2018 開催2

午前の部1位/午後の部1位
2年 岩田磨耶
(服装コスチュームコース)

午前の部2位/午後の部2位
2年 髙橋蘭
(服装コスチュームコース)

mbf Fashion show & Contest 2018 開催3

mbf Fashion show & Contest 2018 開催4

午前の部3位
1年 青木理夏

午後の部3位
2年 田村彩香
(アパレル販売コース)

mbf Fashion show & Contest 2018 開催5

mbf Fashion show & Contest 2018 開催6

mbf Fashion show & Contest 2018 開催7

mbf Fashion show & Contest 2018 開催8

ページトップ

2018 刺繍展 優秀賞受賞

2018年 刺繍デザイン画コンテスト(主催・桐生刺繍商工業協同組合)で本校生が優秀賞を受賞しました。

刺繍展 スカジャンの背中に入れたい刺繍デザイン画コンテスト

優秀賞/アパレル販売コース 2年  須田朱音

2018 刺繍展 優秀賞受賞

2018 刺繍展 優秀賞受賞

ページトップ

繊維の魅力PRイベント「Fashionable Gunma」!

群馬県主催「Fashionable Gunma」(群馬県庁)のファッションショーイベントに、本校生が参加しました。地元群馬の繊維の魅力をPRするべく、衣装制作やデザイン、モデル出演をしました。“桐生テキスタイルショー”では、桐生の生地で制作した衣装を着て学生がランウェイを歩き、“桐生刺繍コレクション”では、学生がデザインした柄を刺繍したスカジャンを披露。“ぐんまの着物レビュー”では、モデルとなって伊勢崎銘仙をPRしました。さまざまな形で地元の繊維に触れ、学生自身も良さを体感できたイベントとなりました。

当日お越しいただいた皆さま、またご協力いただいた皆さま、誠にありがとうございました!

繊維の魅力PRイベント「Fashionable Gunma」!

繊維の魅力PRイベント「Fashionable Gunma」!

繊維の魅力PRイベント「Fashionable Gunma」!

繊維の魅力PRイベント「Fashionable Gunma」!

ページトップ

2017年度 1学期末作品発表ショー

1学期を締めくくり、学習成果を発表するショーが本校講堂で開催されました。学生の家族や友人など入場された80名近くの前で、学生それぞれが1学期までに身につけた技術や感性を活かして制作した洋服を発表。1年は基本形のブラウスとスカート、2年はブランド設定したリメイクや、工業用パターンによるジャケット、ワンピース等を発表しました。4月に入学し、ゼロからスタートした1年生も4カ月間で発表できる服を作れるようになりました。

2018年度 1学期末作品発表ショー

2018年度 1学期末作品発表ショー

2018年度 1学期末作品発表ショー

2018年度 1学期末作品発表ショー

ページトップ

2017年度 卒業修了制作発表会(ファッションショー&学習展示)

3月10日、本校講堂で「卒業修了制作発表会」が開催されました。ファッションショーでは、これまで授業・実習で磨いてきた感性・技術の成果を卒業作品(2年・専攻科)、修了作品(1年)として発表しました。作品は、1年生が課題のスーツ、2年生が自由課題のカジュアルなアイテム、ドレスなど。3カ月ほど前から準備に取りかかり、デザインや素材、縫製に趣向を凝らした衣装を自らモデルとなり披露しました。会場アナウンスでは制作のコンセプトや工夫したところなどが紹介されました。保護者や企業関係者約120名から感嘆の声が漏れる中、学生モデルはランウェイを颯爽と歩き、スポットライトを浴びながらポーズを決めていました。

【感想】2年 都丸ほなみ(共愛学園卒)

学校で作る最後の制作だったので、少し寂しい気持ちになりましたが、思い出に残るものにしょうと、ひとつ一つ丁寧に作業するよう心がけました。この学校に入るまで、洋裁はやったことがなく苦手な方でしたが、たくさんの技術を身に付けることができ、入学して良かったなと思いました。ショーの出演も最後でしたが、みんなで話し合い、たくさん練習して、心に残る良いショーにすることができて本当に良かったです。

2017年度 卒業修了制作発表会(ファッションショー&学習展示)

2017年度 卒業修了制作発表会(ファッションショー&学習展示)

2017年度 卒業修了制作発表会(ファッションショー&学習展示)

2017年度 卒業修了制作発表会(ファッションショー&学習展示)

ページトップ

本校生、準グランプリ受賞~2017年度 文化服装学院連鎖校協会ファッションデザイン画コンクール~

第32回の当コンクールで、本校1年・須田朱音(沼田女子高卒)さんが準グランプリ(日本ファッション教育振興協会理事長賞・副賞5万円)を受賞しました。このコンクールでは、国内61校、海外7校が加盟する文化服装学院連鎖校より、各校内選考を通過した370作品が応募されました。文化服装学院連鎖校でファッションを学ぶ学生からの応募で、毎年レベルの高いコンクールとなっています。その中で準グランプリは上位2番目の賞で、日本テレビ、読売新聞、オンワード樫山、ワコール、レナウン等が特別賞を後援、協賛しています。

本校生、準グランプリ受賞~2017年度 文化服装学院連鎖校協会ファッションデザイン画コンクール~

ページトップ

地元新聞社主催のイベントでファッションショー

上毛新聞社レディースクラブ主催による「雅楽師・東儀秀樹氏トークショー」(高崎音楽センター)のプレステージで、本校生によるファッションショーが行われ、約40点を披露。1200名程の観客を魅了しました。東儀さんからは”学生のワクワク感が伝わってきた”という言葉をいただきました。

【感想】1年 斉藤琴音(富岡東高卒)

学校外でのファッションショーはとても新鮮で、外部の人に自分の作品を見てもらうということがこんなにも楽しいことなんだと改めて感じました。多くの拍手や歓声に最初はとまどいましたが、段々それさえも心地よく思えるほどでした。普段はき慣れていない靴を使ったので、ステージ上で少しよろめいてしまってお客さんの笑いを誘いましたが、それも良い思い出です。

地元新聞社主催のイベントでファッションショー1

地元新聞社主催のイベントでファッションショー2

地元新聞社主催のイベントでファッションショー3

地元新聞社主催のイベントでファッションショー4

ページトップ